SLIP OF THE TONGUE【WHITESNAKE】

断捨離の9枚目

SLOP OF THE TONGUE(輸入盤)
WHITESNAKE

発売日: 1989/11
ディスク枚数: 1
レーベル:GEFFEN


1.スリップ・オブ・ザ・タング - Slip of the Tongue - 5:21
2.チープ・アンド・ナスティ - Cheap an' Nasty - 3:29
3.フール・フォー・ユア・ラヴィング - Fool for Your Loving - 4:12
4.ナウ・ユーアー・ゴーン - Now You're Gone - 4:12
5.キトゥンズ・ガット・クロウズ - Kittens Got Claws - 5:02
6.ウィングズ・オブ・ザ・ストーム - Wings of the Storm - 5:02
7.ザ・ディーパー・ザ・ラヴ - The Deeper the Love - 4:23
8.ジャッジメント・デイ - Judgment Day - 5:17
9.スロー・ポーク・ミュージック - Slow Poke Music - 3:59
10.セイリング・シップス - Sailing Ships - 6:03

f:id:fk_aosan:20200429093244j:plain

f:id:fk_aosan:20200429093258j:plain

f:id:fk_aosan:20200429093310j:plain

f:id:fk_aosan:20200429093325j:plain


本作はホワイトスネイクの8作目のアルバム。

このアルバムには賛否あるが、私は断然に「賛」のほうである。

というのも、「WHITESNAKE」との初めての接触がこのアルバムだったら。

何の思いれもなく素直に聞けば間違いなく「名作」です。

 

ディープパープルのカヴァーデールと思ってしまうと、

往年のファンはまた違ったように聞こえるのかな。

 

このアルバム以降にホワイトスネイクの前作を聞きましたが、

アルバム全体の1曲1曲の作り込みはこのアルバムの完成度は高い。

クレジットにもあるように、

リードギターのエイドリアン・ヴァンデンバーグがけがのために、

全部のパートをスティーブ・ヴァイが弾いている。

 

ヴァイのギターを聞くためだけに買ったって全く損のないアルバム。

完全にヴォーカルを食っているギターです。

f:id:fk_aosan:20200429101016j:plain

 ※メンバーの使用機材が記載してある中、

  カヴァーデールのところには「コーヒーとマルボロ」www

  機材を書けぇ!
 


Whitesnake - Slip Of The Tongue

単純に今聞いてもかっこええですわ。

疾走感のあるハードロックのなかに、

遊び心満載で暴れまくってるギター。

 

前作「サーペンス・アルバス」も偉大なアルバムだと思うし、

名曲ぞろいだけども、

「スリップオブザタング」も捨て曲なしの名盤です。

 

現在は「30th ANNIVERSARY 2019 REMASUTER」盤が手に入るようで、

ボーナストラックが7曲追加されてるんですね。

こうゆうものがリリースされるってことは、

世間的に名盤だと認識されてるんだ。

それはよかった。