LA LEYENDA DE FANIA【Estrellas De Salsa】

断捨離375枚目

LA LEYENDA DE FANIA

Estrellas De Salsa

発売日:1996/2/21

レーベル: P-Vine Records

1    Tito Puente–    Pala Los Rumberos
2    Fania All Stars–    Bamboleo
3    La Sonora Ponceña–    Canta Al Amor
4    Willie Colón & Ruben Blades–    Buscando Guayaba
5    Celia Cruz & Johnny Pacheco–    El Paso Del Mulo
6    Tipica 73–    Fiesta De Tamboles
7    Mongo Santamaria–    Happy As A Fat Rat In A Cheese Factory
8    Ruben Blades–    Pablo Pueblo
9    Eddie Palmieri–    Vamonos Pa'L Monte
10    Pete "El Conde" Rodriguez*–    Catalina La'O'
11    Orchestra Harlow Featuring Ismael Miranda–    Abran Paso
12    Hector Lavoe–    Sombras Nada Mas
13    Fania All Stars–    Ponte Duro

f:id:fk_aosan:20210905094719j:plain

f:id:fk_aosan:20210905111807j:plain

f:id:fk_aosan:20210905111818j:plain

f:id:fk_aosan:20210905111836j:plain

f:id:fk_aosan:20210905111847j:plain

 

こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

掲載アーティスト一覧はコチラ♫

サルサです。

一時期、サルサというよりキューバ音楽が脚光を浴びた時期がありましたね。

この映画です。

www.youtube.com

映画『ベルリン天使の詩』のヴィム・ヴェンダース監督の異色作『ブエナ・ビスタ・ソイアル・クラブ』。

キューバ音楽が世界から注目された話題作です。

 

そんなことに影響を受けて買ったのが、本作。

しかし、キューバ音楽とサルサって同じじゃないのか?

実は違うんです。

キューバ音楽はその名の通り、キューバ発祥のものですが、サルサが生まれたのは実はニューヨーク。

その流れは、移民です。
ニューヨークの黒人居住区、英語もスペイン語も共通語として使われていたマルチカルチャーな場所でキューバ音楽は浸透していました。

ところが、1959年にキューバ社会主義革命がおこり、アメリカと国交断絶。
アメリカに残されたキューバ音楽が60年代にキューバ音楽とはちょっと違う音楽として、「サルサ」と呼ばれるようになります。

 

本作は「ファニアレコード」というレーベルに属するミュージシャンたちのオムニバス版。
ファニアレコードは1964年に設立。キューバからの亡命者、プエルトリコ移民、そしてニューヨーク生まれのそれらのバイリンガル世代で発展していったレーベルです。

 

サウンドキューバ音楽と言うと、先ほどの『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のものぐらいしかわからないのですが、それと比べると、もっとカリブ音楽的な明るさを感じます。
キューバ音楽とニューヨークの雑多な音楽の融合から、こういったひたすらに明るいサウンドが生まれたのかな。

13曲ある中で、ほとんどの曲は明るいダンス音楽です。
こういった私が聴いてきた音楽としては、かなり異色なモノなのに、けっこう聴きつぶしたなぁと思うアルバムです。
車に乗るときにCDを持ち出して車で聴くことが多かったのですが、持ち出す頻度は多かったなぁ。

 

そして、今回はググっても、WIKIっても、ほとんど情報が出てこないので、久しぶりにライナーノーツをしっかり読んでレビューを書きました。

超マジメ回です(笑)

 

それではまた明日✋ 

 

過去の紹介記事/関連記事 

なし

構成メンバー/参加ミュージシャン/クレジット

  • ファニア・レコードのミュージシャンら

収録曲


www.youtube.com

2曲目「バンボレオ」
何とか1曲探し出せました💦なかなか出てこないので、焦りましたが、収録の曲の1曲です。

 


www.youtube.com

13曲目「ポンテデュロ」
もう1曲探し出せました。底抜けに明るいサウンドを堪能してください。

 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村