BUFFALO 66 THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK【Various Artists】

断捨離236枚目

BUFFALO 66 THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK

Various Artists

発売日:1990/5/26

レーベル:meldac

1.LONELY BOY
00:02:01
2.A FALLING BILLY BROWN
00:02:03
3.FOOLS RUSH IN
00:02:53
4.MOONCHILD (King Crimson)
00:02:29
5.DROWNING IN BROWN
00:02:20
6.ASOMEWHERE PLACE
00:03:23
7.A WET CLEANER
00:03:02
8.SIXTEEN SECONDS HAPPY
00:01:14
9.I REMEMBER WHEN (Stan Getz)
00:03:00
10.WITH SMILES&SMILES&SMILES
00:02:42
11.HEART OF SUNRISE (Yes)
00:10:36
12.SWETNESS (Yes)
00:04:31
13.A COLD&GREY SUMMER DAY
00:03:19

f:id:fk_aosan:20201213123539j:plain

f:id:fk_aosan:20201213123553j:plain

f:id:fk_aosan:20201213123605j:plain

f:id:fk_aosan:20201213123617j:plain

f:id:fk_aosan:20201213123639j:plain

f:id:fk_aosan:20201213123654j:plain

こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

12/24ですね。

この日はいろいろと一生、ひとつの区切りの日になりそうです。

息子の誕生日であり、昨年は10時間ものがんお摘出手術をした日。

そんな日に紹介するのが、奥さんと見に行った思い出の映画のサントラかぁ。

さて、これは持ってるとオサレな映画サントラです。

結婚前に奥さんと見に行ったのかな、この映画は。

とにかく意味の分からないオシャレな映像に、キング・クリムゾンやらイエスやら、センスのいい曲がちりばめられています。

キング・クリムゾンからはファーストアルバムから「ムーン・チャイルド」。
この曲に合わせて、クリスティーナ・リッチがタップダンスします。
ね、意味不明でしょ。
でも、いいんだ。雰囲気が退廃的というか、刹那的というか、最高です。

そして、イエスからは名曲「ハート・オブ・サンライズ」。これを収録しているアルバムは今度紹介しますからね。
確かこの曲を挿入する場面も、かなりイっちゃってます。ぶっ飛んでます。
びっくりしたけど、ガッツリ映画に引き込まれました。

この映画の監督、脚本、主演の、ヴィンセント・ギャロの趣味が詰め込まれている作品。

ダメダメの主人公(ヴィンセント・ギャロ)に、ダメダメのヒロイン(クリスティーナ・リッチ)。
今とは比べ物にならないほど、ムチムチで幼いクリスティーナ・リッチがまたいいんだ(笑)

機会があったら、ぜひ見てほしい映画ですね。

 

過去の紹介記事/関連記事  

fk-aosan.hateblo.jp

fk-aosan.hateblo.jp

fk-aosan.hateblo.jp

  

構成メンバー/参加ミュージシャン/クレジット

 

収録曲


Buffalo 66 - Moonchild King Crimson(Christina Ricci)

はい、有名な(?)「ムーン・チャイルド」でタップダンスです。
しかし、太ってるな(笑)

 


Buffalo '66 - Sweetness

本当は「ハート・オブ・ザ・サンライズ」をかけたいんだけど、なかったので「スウィートネス」のほうを。
いいなぁ。実にいい。
クリスティーナ・リッチは太ってても可愛い。 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村