TIERRA GITANA【Gipsy kings】

断捨離233枚目

TIERRA GITANA

Gipsy kings

発売日:1995

レーベル:Nonesuch Records

1. "A Ti a Ti" 3:36
2. "Siempre Acaba Tu Vida" 4:57
3. "Estrellas" (Instrumental) 3:32
4. "Mi Corazon" 4:29
5. "Mujer" 4:17
6. "Tierra Gitana" (Instrumental) 3:28
7. "Pajarito" 3:06
8. "Los Peces en el Rio" 3:17
9. "Igual Se Entonces" 3:59
10. "Cataluña" (Instrumental) 3:41
11. "A Tu Vera" 3:12
12. "Campesino" 3:30
13. "La Rumba de Nicolas" 3:56

f:id:fk_aosan:20201213112429j:plain

f:id:fk_aosan:20201213113204j:plain

f:id:fk_aosan:20201213113218j:plain

こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

日本でも知名度高いですよね、「ジプシー・キングス」。

やはりビールのCMとぐっさんのものまねの影響かな~。

 

さて、どこの国のバンドだか知ってますか?

 

 

「フランス」のバンドなんです。
私は知らなかったです。普通に南米か中南米あたりのバンドかと思ってました。 

フラメンコに南フランスのラテンの要素を入れた「ルンバ・フランメンカ」というスタイルにポップやロックといったサンドを取り入れているそうです。

 

本作は1995年にリリースされた作品で、北米版と欧州版で収録曲や題名が違います。
日本盤は欧州版に準拠したものでタイトルが『Estrellas』。
私の持っているのは北米版の輸入盤ですね。

 

さて、サウンドはわかりやすく言えば、

フラメンコにボーカルを付けて、ポップ、ロックアレンジをした感じですが、どちらかというとリスナー受け、大衆受けしそうなキャッチーなアレンジではなくて、ワールドミュージックのような伝統音楽よりの曲作りをしているようです。
それがかえって受けるのかな、日本ではウケがいいですよね。

確かに聴いていて落ち着くし、イージーリスニング、作業音楽としても最適ですね。

 

過去の紹介記事/関連記事  

なし 

 

構成メンバー/参加ミュージシャン/クレジット

  • Acoustic Guitar – Georges Reyes
  • Drums, Percussion – Negrito Trasante-Crocco
  • Guitar – Canut Reyes, Maurice "Diego" Baliardo, Paco Baliardo, Patchai Reyes, Paul Reyes, Tonino Baliardo
  • Keyboards – Dominique Droin
  • Producer – Claude Martinez
  • Producer, Bass – Gérard Prévost
  • Vocals – Nicolas Reyes

 

収録曲


A Ti A Ti - Gipsy Kings

本作1曲目。
軽いフラメンコギターのメロディで始まり、特徴的なしゃがれたボーカルでラテン系のはねたリズムのサウンドが心地いい。

本作には有名な曲は入っていないけど、飲食店とかで普通にかかってていい感じの曲ですね。 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村