EAT THE HEAT【ACCEPT】

断捨離212枚目

EAT THE HEAT

ACCEPT

発売日:1989/5/11

レーベル:CBS

 

1. "X-T-C" 4:25
2. "Generation Clash" 6:22
3. "Chain Reaction" 4:38
4. "Love Sensation" 4:42
5. "Turn the Wheel" 5:24
6. "Hellhammer" 5:30
7. "Prisoner" 4:50
8. "I Can't Believe in You" 4:48
9. "Mistreated" 8:53
10. "Stand 4 What U R" 4:05
11. "Break the Ice" 4:12
12. "D-Train" 4:24

 

f:id:fk_aosan:20201129084738j:plain

f:id:fk_aosan:20201129084754j:plain

f:id:fk_aosan:20201129084809j:plain

f:id:fk_aosan:20201129084829j:plain


こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

ドイツのヘヴィメタルバンド「アクセプト」です。

関連記事に載せておいた「U.D.O.」のジャケ画に鎮座しておりますおっさんのウド・シュナイダー 率いる・・・。

だったんですが、このアルバムでは脱退しております。

セルフクレジットのバンドを始めちゃったんですね。

なので、このアルバムは「ウド不在のアクセプト」という誠に不名誉な烙印を押されてしまった作品です。

さて、ではその不評なサウンドはというと、

いわゆるジャーマン・メタル、80年代末期ってサウンドでいいです。

それに、

ウドの金切り声に近いダミ声に比べると、ボーカルのデヴィッド・リースはストレートな声からシャウト、ウドに寄せた金切り声まで、上手いなぁと思います。

1曲目「XTC」、6曲目「ヘルハマー」はなかなか良い。

 でも、また聴くかと問われれば、

・・・。 

 

過去の紹介記事/関連記事    

fk-aosan.hateblo.jp

 

構成メンバー/参加ミュージシャン/クレジット

  • David Reece – vocals
  • Wolf Hoffmann – all guitars
  • Jim Stacey – rhythm guitar in live shows
  • Peter Baltes – bass
  • Stefan Kaufmann – drums

 

収録曲


Accept - X.T.C - Official Remaster 2002

イントロがなかなか魅せてくれます、イカス。 

お、ウドじゃないぞ!って期待感も膨らみます。

1曲目なのでなかなか引っ張り込む勢いがありますね。

  

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村