BURY THE HATCHET【The Cranberries】

断捨離200枚目

BURY THE HATCHET

The Cranberries

発売日:1999/4/19

レーベル: Island

1. "Animal Instinct" 3:31
2. "Loud and Clear" 2:45
3. "Promises" 5:27
4. "You and Me" 3:35
5. "Just My Imagination" 3:41
6. "Shattered" 3:42
7. "Desperate Andy" 3:44
8. "Saving Grace" 3:08
9. "Copycat" 2:53
10. "What's on My Mind" 3:12
11. "Delilah" 3:32
12. "Fee Fi Fo" 4:47
13. "Dying in the Sun" 3:32
14. "Sorry Son" 3:25
15. "Baby Blues" 2:38

 

f:id:fk_aosan:20201107101344j:plain

f:id:fk_aosan:20201107101359j:plain

f:id:fk_aosan:20201107101414j:plain

f:id:fk_aosan:20201107101431j:plain

f:id:fk_aosan:20201107101450j:plain


こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

アイルランドのロックバンド、クランベリーズの4作目のスタジオアルバム。

前回紹介した「トゥ・ザ・フェイスフル・ディパーテッド」の次の作品になります。

本作は1st、2ndの爆発的なヒットにには及ばず、前作のセールスにも及ばない。あまりにも1,2が偉大過ぎたんですね。

本作も、前作踏襲でロック色が強い一枚。

それでもイギリス7位、アメリカ13位と健闘、全世界で300万枚を売り上げている。

 

それにしても、まったく意図せずに199枚目でフェイ・ウォン、200枚目でクランベリーズにしてしまったな。

なんか、映画「恋する惑星」のことが、頭から離れないと思ったら、前の記事でそれに触れてたんだった。

はじめて、読まれた方のために・・・

クランベリーズの最大のヒット曲「ドリームス」は、映画「ユー・ガット・メール」の主題歌、日本のお茶のCMなどに使われており、聴けばあぁあれかとわかると思います。

この「ドリームス」を中国の女優・シンガーのフェイ・ウォン金城武が主演していることでも話題になった映画「恋する惑星」の主題歌として『夢中人』という題名でカヴァーしています。

これがまた、いいんだ。


王菲 -《夢中人 》剪輯版MV (1080p)

また、貼っておこう(笑)

 

よしよし、200枚目にふさわしいレビューのなったぞ。

 

過去の紹介記事/関連記事   

fk-aosan.hateblo.jp

fk-aosan.hateblo.jp

 

構成メンバー/参加ミュージシャン

  • Dolores O'Riordan – vocals, guitar, keyboards
  • Noel Hogan – acoustic and electric guitars
  • Mike Hogan – bass guitar
  • Fergal Lawler – drums and percussion

 

収録曲


The Cranberries - Promises (Official Music Video)

このアルバムでクランベリーズらしいと、個人的に思うのはこの曲。
あんまりピックアップされないけど、初期の「ゾンビ」辺りに通じる、哀愁漂う、やり切れない感の1曲。
こういう曲こそ、クランベリーズに良く似合うと思う。

 


The Cranberries - Just My Imagination (Official Music Video)

本作で取り上げられるのは、むしろこちらの曲。

もちろん全然悪くないんだけど、 個人的にクランベリーズに求めるものが違うんだろうね。 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村