STATIONARY TRAVELLER【CAMEL】

断捨離185枚目

STATIONARY TRAVELLER

CAMEL

発売日:1984/4/13

レーベル:Decca

 

  1. "Pressure Points" (Latimer) – 2:10
  2. "Refugee" – 3:47
  3. "Vopos" – 5:32
  4. "Cloak and Dagger Man" – 3:55
  5. "Stationary Traveller" (Latimer) – 5:34
  6. "West Berlin" – 5:10
  7. "Fingertips" – 4:29
  8. "Missing" (Latimer) – 4:22
  9. "After Words" (Ton Scherpenzeel) – 2:01
  10. "Long Goodbyes" – 5:14

f:id:fk_aosan:20201024095123j:plain

f:id:fk_aosan:20201024095136j:plain

f:id:fk_aosan:20201024095221j:plain

f:id:fk_aosan:20201024095234j:plain

f:id:fk_aosan:20201024095247j:plain


こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

イギリスのプログレッシブ・ロックバンド「キャメル」です。
なかなか渋いばんどなのですが、これ1枚しか持ってません。たぶん。

叙情派プログレと言われるだけあって、全体的にサウンドは哀愁漂う、物悲しい、やり切れないような雰囲気に包まれます。

本作はそんなキャメルの活動休止前の最後のスタジオアルバム。
テーマも暗く、東西分割時代のベルリンをテーマにしたシリアスなもの。 

本作で11作目になるが、当初からのメンバーはギタリスト?マルチプレイヤーなアンディ・ラティマーのみ。彼一人のバンドとも言われた時代。

しかし、その世界観は好きだな。

1曲目で重々しくて、息詰まるようなイントロと泣きのギター。渋すぎるわ。 

 

過去の紹介記事 

 

なし

 

構成メンバー/参加ミュージシャン

  • Andy Latimer – electric, acoustic & 12 string guitars, bass, synthesizers, piano, drum synthesiser, flute, lead vocals
  • Ton Scherpenzeel – organ, grand piano, Prophet synthesizer, Yamaha CS-80, Juno 60, Korg, PPG, accordion
  • Paul Burgess – drums
  • David Paton – bass , fretless bass, backing vocals
  • Chris Rainbow – lead vocals 
  • Mel Collins – sax 
  • Haydn Bendall – Fairlight synthesizer , PPG synthesizer 

 

収録曲


Camel - Pressure Points

本作1曲目。
アンディ・ラティマーが泣きのソロを弾き殴っています。
なんだか、インギーっぽくもあるな。

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村