STRANGER IN US ALL【Ritchie Blackmore's Rainbow】

断捨離181枚目

STRANGER IN US ALL

Ritchie Blackmore's Rainbow

邦題:「孤高のストレンジャー

発売日:1995/8/21

レーベル:RCA/BMG

 

  1. ウルフ・トゥ・ザ・ムーン - "Wolf to the Moon" (Ritchie Blackmore, Doogie White, Candice Night) – 4:16
  2. コールド・ハーテッド・ウーマン - "Cold Hearted Woman" – 4:31
  3. ハンティング・ヒューマンズ(インセイシャブル) - "Hunting Humans (Insatiable)" – 5:45
  4. スタンド・アンド・ファイト - "Stand and Fight" – 5:22
  5. アリエル - "Ariel" (R. Blackmore, C. Night) – 5:39
  6. トゥー・レイト・フォー・ティアーズ - "Too Late for Tears" (R. Blackmore, D. White, Pat Regan) – 4:56
  7. ブラック・マスカレード - "Black Masquerade" (R. Blackmore, Paul Morris, D. White, C. Night) – 5:35
  8. サイレンス - "Silence" – 4:04
  9. ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング - "Hall of the Mountain King" (Edvard Grieg, C. Night / arr. by R. Blackmore) – 5:34
  10. スティル・アイム・サッド - "Still I'm Sad" (Paul Samwell-Smith, Jim McCarty) – 5:22
  11. エモーショナル・クライム - "Emotional Crime" (R. Blackmore, D. White, P. Regan) – 3:50

f:id:fk_aosan:20201024075614j:plain

f:id:fk_aosan:20201024075627j:plain

f:id:fk_aosan:20201024075641j:plain

f:id:fk_aosan:20201024075654j:plain

f:id:fk_aosan:20201024075706j:plain


こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

 

これはレインボーというよりは、リッチー・ブラックモアのソロアルバムといったほうが正しい。

リッチーは2度のディープ・パープル脱退後のソロプロジェクトとして、本作を製作開始。バンド名は紆余曲折があったものの、結局、レーベルの判断で「レインボー」になった。

本作は英、米では成功しなかったが、欧州の一部と、日本で大ヒットとなった面白い作品。
日本ではオリコンチャート7位。ゴールドアルバムになっている。
英、米はチャートインしてないんじゃないかな?

1曲目を聴くだけで、リッチーだぁ。と思わせるサウンドに仕上がっておりますが、アルバム全体ではちょっと退屈感いなめないかな~。

ギターヒーローを堪能したい人向けかな。

 

過去の紹介記事 

fk-aosan.hateblo.jp

 

構成メンバー/参加ミュージシャン

  • リッチー・ブラックモア - ギター

  • ドゥギー・ホワイト - ボーカル、バックグラウンド・ボーカル

  • ポール・モリス - キーボード

  • グレッグ・スミス - ベース、バックグラウンド・ボーカル

  • ジョン・オライリィ - ドラムス

  • アディショナル・ミュージシャン

  • キャンディス・ナイト - バックグラウンド・ボーカル
  • ミッチ・ワイス - ハーモニカ

収録曲


Rainbow - Wolf To The Moon

本作1曲目。
イントロからカッコえぇですね。
それにしてもジャケットがダサカッコいい。
こういうの真面目にやって絵になる人って限られるよなぁ。

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村