LOVEDRIVE【SCORPIONS】

断捨離177枚目

LOVEDRIVE

SCORPIONS

発売日:1979

レーベル:MERCURY

 

  1. 日曜の愛劇 - Loving You Sunday Morning (5:36)
    (Rudolf Schenker / Klaus Meine / Harman Rarebell)
  2. アナザー・ピース・オブ・ミート - Another Piece Of Meat (3:30)
    (R. Schenker / H. Rarebell)
  3. 果てしなきロード - Always Somewhere (4:56)
    (R. Schenker / K. Meine)
  4. 'コースト・トゥ・コースト - Coast To Coast (Instrumental) (4:42)
    (R. Schenker)
  5. キャント・ゲット・イナフ - Can't Get Enough (2:36)
    (R. Schenker / K. Meine)
  6. 瞑想のレゲエ - Is There Anybody There? (3:58)
    (R. Schenker / K. Meine / H. Rarebell)
  7. ラヴドライブ - Lovedrive (4:49)
    (R. Schenker / K. Meine)
  8. 免罪の日 - Holiday (6:32)
    (R. Schenker / Meine)

 

f:id:fk_aosan:20201018114119j:plain

f:id:fk_aosan:20201018114136j:plain

f:id:fk_aosan:20201018114152j:plain

f:id:fk_aosan:20201018114212j:plain

f:id:fk_aosan:20201018114227j:plain


こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

ドイツのHR/HMバンド、スコーピオンズの1979年にリリースされた6枚目のスタジオアルバムです。

やっぱ大好きだわ、このバンド。

本作にもルドルフの実弟マイケル・シェンカーが3曲参加しています。

それにしても、ジャケ画発禁で話題のつきないスコーピオンズですが、「ヴァージン・キラー」ほどじゃないにしても、本作も一部の国では発禁、差し替えになってますね。

表ジャケはビローンと気持ちの悪い画像になってますが、裏ジャケにはお二人で素敵な笑顔で、トップレス。なかなかですな(笑)

さて、サウンドはクラウス・マイネの透き通るボーカルにのせて哀愁漂うジャーマンサウンド

特にバラードが秀逸。
3曲目「Another Piece Of Meat」、 8曲目「Holiday」はえぇね。
こればっか聴いてた気がする。

 

過去の紹介記事 

fk-aosan.hateblo.jp

  

fk-aosan.hateblo.jp

  

構成メンバー/参加ミュージシャン

  • Klaus Meine – Lead Vocal
  • Matthias Jabs – Lead Guitar, Backing Vocal
  • Rudolf Schenker – Rhythm Guitar, Backing Vocal
  • Francis Buchholz – Bass, Backing Vocal
  • Herman Rarebell – Drums, Backing Vocal
  • Michael Schenker – Lead Guitar, Backing Vocal

 

収録曲


Scorpions - Always Somewhere (1979)

それにしても70年代末でこのサウンドはなかなか完成されとるなぁ。
ブレなくて、そしてエロいスコーピオンズはえぇね(笑)

 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村