SHEER HEART ATTACK【QUEEN】

断捨離167枚目

SHEER HEART ATTACK

QUEEN

発売日:1974/11/8

レーベル:HOLLYWOOD RECORDS

 

1. 「ブライトン・ロック」(Brighton Rock) 5:11
2. 「キラー・クイーン」(Killer Queen)  3:00
3. 「テニメント・ファンスター」(Tenement Funster) 2:46
4. 「フリック・オブ・ザ・リスト」(Flick Of The Wrist) 3:17
5. 「谷間のゆり」(Lily Of The Valley)  1:44
6. 「ナウ・アイム・ヒア」(Now I'm Here) 4:18
7. 「神々の業」(In The Lap Of The Gods) 3:22
8. 「ストーン・コールド・クレイジー」(Stone Cold Crazy) 2:16
9. 「ディア・フレンズ」(Dear Friends)  1:08
10. 「ミスファイアー」(Misfire)  1:49
11. 「リロイ・ブラウン」(Bring Back That Leroy Brown)  2:15
12. 「シー・メイクス・ミー」(She Makes Me (Stormtrooper in Stilettoes))  4:09
13. 「神々の業 (リヴィジテッド)」(In The Lap Of The Gods Revisited)  3:46
14. 「ストーン・コールド・クレイジー」(Stone Cold Crazy) 2:12

 

f:id:fk_aosan:20201003111156j:plain

f:id:fk_aosan:20201003111209j:plain

f:id:fk_aosan:20201003111228j:plain

f:id:fk_aosan:20201003111243j:plain


こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

 

イギリスの伝説のロックバンド「クイーン」の3枚目のスタジオアルバム。

前回までに紹介した記事は、

 

fk-aosan.hateblo.jp

 

まだ1枚か~。

レッド・ツェッペリンと同じで、アルバムはほぼ名盤なので困りますね。
もちろん、本作も超有名盤です。
前回紹介した「オペラ座の夜」の前作にあたります。

全英チャート2位、全米チャート12位。アメリカでの成功の足掛けになった1枚です。

このアルバムで「クイーン」は他のバンドの追随を許さない、ロックという枠にとらわれない「クイーン」のサウンドを確立したと言えます。
このアルバムの代表曲と言える「キラー・クイーン」。
こんな曲、誰が思いつき、誰が創造できるのか?
初期の超名曲です。

このアルバム発表ののちに、とんでもないモンスターアルバム「オペラ座の夜」を生み出すことになります。

 

クイーンはあと2~3枚持っていたかな~。
初めて買ったのは確か「世界に捧ぐ(1977)」だったと思う。
we will rock you」が聴きたくて。
そういえば、このアルバムにも「sheer heart atack」って曲があったと思う。
本作となんか関係あるのかなぁ。
ま、これは次の紹介の時に・・・。

 

構成メンバー

 


Killer Queen Reveal Fixed

おっと間違えて、ジョジョの奇妙な冒険第4部のラスボスのスタンド「キラー・クイーン」を貼ってしまった~。ちなみに使う技の名前は「シア・ハート・アタック」。
お楽しみください(笑)

 


Queen - Killer Queen (Top Of The Pops, 1974)

こっちです。
初期のクイーンだからフレディの一般的に広まってるイメージとずいぶん違うんじゃないかな(笑)
でも、すでにちょっとカマっぽいね(笑) 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村