稲村ジェーン【SOUTHERN ALL STARS】

断捨離149枚目

稲村ジェーン

SOUTHERN ALL STARS

発売日:1990/9/1

レーベル: ビクター音楽産業

  1. 稲村ジェーン (5'22) ※ /SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS
  2. 希望の轍 (4'16) /稲村オーケストラ
  3. 忘れられた Big Wave (3'43) /サザンオールスターズ
  4. 美しい砂のテーマ (4'21) /SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS
  5. LOVE POTION NO.9 (2'02) /SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS
  6. 真夏の果実 (4'59) /サザンオールスターズ
  7. マンボ (2'58) ※ /サザンオールスターズ
  8. 東京サリーちゃん(5'29) /SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS
  9. マリエル (2'58) ※ /稲村オーケストラ
  10. 愛は花のように (Olé!) (4'50) /サザンオールスターズ ※
  11. 愛して愛して愛しちゃったのよ (4'50) /原由子 & 稲村オーケストラ

f:id:fk_aosan:20200919075805j:plain

f:id:fk_aosan:20200919075818j:plain

f:id:fk_aosan:20200919075832j:plain

f:id:fk_aosan:20200919075849j:plain

 

こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

サザンです。聴きますよ。こうゆうのも。

このアルバムは「映画サントラ」なのか、「オリジナル」なのか、迷いますね。

前回の「サイモン&ガーファンクル」の『卒業』もそうだったけど。

 

fk-aosan.hateblo.jp

 

ほぼオリジナルアルバムなんですよね。

 

本作は桑田佳祐が監督した映画『稲村ジェーン』のサウンドトラックです。
ですので、映画で使用されたセリフとかずいぶんと入ってます。
サザンオールスターズとしては10枚目のアルバム。

映画の評判はというと、けっこうボロクソに言われてます(笑)
ま、しょうがないよね、桑田さん畑違いだったんですよ・・・。

その反面、本作は200万枚も売れに売れてミリオンセラーになっている。
ま、しょうがないよね、桑田さん畑違いだったんですよ・・・。

 

冗談はともかく、映画のサントラだって軽視できないレベルの完成度。
楽曲のクオリティの高さ。
車に1枚置いておいて、かけるものに困ったら、
とりあえずコレかけよう・・・。で、正解の一枚です。

 

シングルカットされた超有名曲のほか、スペイン語曲や英語曲、インストルメンタル、往年の歌謡曲のカヴァーとアルバム全体が飽きさせないラインナップで、

まさに映画を一本見ているかのように進みます。

 

YOUTUBEには全く本人動画が落ちてない。
さすが、大御所。

ということで、初の取り組み。アップルミュージックからプレイヤーを張り付けてみました。
全部じゃないけどサビの有名なところが視聴できます。
まぁ、今でも夏にかかると定番のようにかかるから若い人でも知ってるでしょうね。
 

本作1曲目、タイトルナンバーですね。
これが超カッコえぇ。
これ歌えたらカッコえぇだろうなぁ・・・。
オ・レッソ!!!

 

 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村