First Generation (SCENES FROM 1969-1971)【VAN DER GRAAF GENERATOR】

断捨離144枚目

First Generation (SCENES FROM 1969-1971)

VAN DER GRAAF GENERATOR

発売日:1986

レーベル: VIRGIN

  1.  Darkness (11/11) (7:27)
  2.  Killer (8:07)
  3.  Man-Erg* (10:21)
  4.  Theme One* (4:00)
  5.  Pioneers over C. (12:05)
  6.  A Plague of Lighthouse Keepers* (23:04)
    a) Eyewitness
    b) Pictures / Lighthouse
    c) Eyewitness
    d) S.H.M.
    e) Presence of the Night
    f) Kosmos Tours
    g) (Custard's) Last Stand
    h) The Clot Thickens
    i) Land's End
    j) We Go Now
  7.  Refugees (6:22)

f:id:fk_aosan:20200913095747j:plain

f:id:fk_aosan:20200913095801j:plain

f:id:fk_aosan:20200913095815j:plain

f:id:fk_aosan:20200913095829j:plain


こんにちわ、あおさん(@aosan)です。

イギリスのプログレバンド「ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター」。
略して「VDGG」。面倒なので、以下、略称で。

VDGGは1967年にピーター・ハミルの主宰で結成。
初期より、まさにプログレッシブ・ロックと言わんがばかりの複雑で前衛的なサウンドを展開し、主にイタリアで人気を博した。

本作は初期3枚のアルバムのコンピレーションアルバム。
2nd「The Least We Can Do Is Wave To Each Other」(1970)
3rd「H To He Who Am The Only One」(1970)
4th「Pawn Hearts」(1971)
からの選曲となっている。

さて問題は、3rdからのチョイスの2曲目「Killer」と5曲目「Pioneers over C.」と4thからの3曲目「Man-Erg」。
こちらの作品には、キング・クリムゾンの主宰者ロバート・フリップ御大がギターでゲスト参戦しております。

fk-aosan.hateblo.jp

時期的にいうと、キング・クリムゾンデビューしたてぐらいの時期ですねぇ。
なんの広告も打たずに「アビイ・ロード」をUKチャートから蹴落とした鮮烈なデビューで ノリに乗ってる時期の御大のゲスト参加ですね。
う~ん、胸アツだ!

 

本作の構成メンバー(第6期~7期)

ピーター・ハミル / vocals, guitars, pianos
ヒュー・バントン / organs, bass pedals and guitars, mellotron, piano
ガイ・エヴァンス / drums and percussion
デヴィッド・ジャクソン / saxes, flute
ニック・ポッター / bass

ロバート・フリップ / guitars (ゲスト/3rd,4th)

 


Van der Graaf Generator "Killer"

本作2曲目。
3rdアルバム「H To He Who Am The Only One」から。
ギターはロバート・フリップ
サウンドはまさにこの時代のプログレ。ダイナミックな展開もなんだかキング・クリムゾンを彷彿させる。質の高いプログレが聴ける。

 


Van Der Graaf Generator MAN-ERG [HQ]

こちらは4th「Pawn Hearts」から。
PVなのかな、内容がけっこうエグくてビックリ。
なにかの映画のシーンを当て込んだのかな。

 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村