Satie:3 Gymnopédies & Other Piano Works【Pascal Rogé】

断捨離104枚目

Satie:3 Gymnopédies & Other Piano Works

Pascal Rogé

邦題:『3つのジムノペディ/サティ・ピアノ作品集』

発売日:1993/4/24

レーベル:Polydor

1 Gymnopédie No. 1 3:08
2 Gymnopédie No. 2 2:30
3 Gymnopédie No. 3 2:31
4 Je Te Veux 5:10
5 4 Préludes Flasques 5:16
6 Prélude En Tapisserie 2:54
7 4ème Nocturne 2:55
8 Vieux Sequins Et Vieilles Cuirasses 4:23
9 Embryons Desséchés 6:11
10 Gnossienne No. 1 3:41
11 Gnossienne No. 2 2:30
12 Gnossienne No. 3 3:08
13 Gnossienne No. 4 3:29
14 Gnossienne No. 5 4:02
15 Gnossienne No. 6 1:52
16 Sonatine Bureaucratique 4:16
17 Le Picadilly 1:36

 

f:id:fk_aosan:20200726121110j:plain

f:id:fk_aosan:20200726121126j:plain

f:id:fk_aosan:20200726121140j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

  

サティの演奏では定番のパスカル・ロジェによる演奏・・・。

 

 

f:id:fk_aosan:20200723005301j:plain


って、なに普通にレビューはじめとんじゃい!

 

はい、すいません。
こうゆうのも持ってるんですよ。
で、これなんかは結構聞き込んだやつなんです、実は。

 

エリック・サティが聴きたい!

 

から買いました。

何が聴きたかったかというと、

この3曲です。

 

3曲とも超有名ですね。
特に「お前が欲しい」(Je Te Veux)は街中でも耳にすることがあると思います。
ちょっとオサレな喫茶店なら流しててもおかしくない。
いい曲ですね。
紅茶好きじゃないけど、紅茶飲みたくなります。

 

そして、この作品の肝は「グノシエンヌ」にあります。
まるでホラー映画のバッドエンドのエンディングに流れるような不気味さ。
この曲が私の本命でした。

クラシックギターをかじっていた時に、ジムノペディを少しやり、サティに興味を持って、「グノシエンヌ」を知った。
という流れです。

 

この記事に興味がなかった方でも後学のために、

『グノシエンヌ』だけは聴いておけ!

 

 


サティ:《3つのジムノペディ》ロジェ

ジムノペディ第1番から3番までの動画がありました。
ジムノペディもつかみどころがないふわふわとした旋律の中に、いや~な音がところどころに混ぜ込まれてるんですよね。
こうゆう変態チックな曲は好きだな~。

 


サティ:《ジュ・トゥ・ヴー》ロジェ

この曲は普通に心地いい曲ですね。
誰しもどこかしらで聴いたことがあるメロディだと思います。

 


Pascal Rogé - Satie: Gnossiennes - No. 1 Lent | La Casa de Papel: Parte 3

やっと見つけた。ロジェの『グノシエンヌ』。
この不気味さ、いやらしさ、不快感、ジムノペディのように美しいメロディの中に落とし込まれるいや~な音ではなく、曲全体の音のチョイスが気味悪い。
だからいい。

 

 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村