Bringing It All Back Home【Bob Dylan】

断捨離101枚目

Bringing It All Back Home

Bob Dylan

発売日:1965/3/22

レーベル:Columbia

 

  1. サブタレニアン・ホームシック・ブルース - Subterranean Homesick Blues - 2:21
  2. シー・ビロングズ・トゥ・ミー - She Belongs to Me - 2:47
  3. マギーズ・ファーム - Maggie's Farm - 3:54
  4. ラヴ・マイナス・ゼロ/ノー・リミット - Love Minus Zero/No Limit - 2:51
  5. アウトロー・ブルース - Outlaw Blues - 3:05
  6. オン・ザ・ロード・アゲイン - On the Road Again - 2:35
  7. ボブ・ディランの115番目の夢 - Bob Dylan's 115th Dream - 6:30
  8. ミスター・タンブリン・マン - Mr. Tambourine Man - 5:30
  9. エデンの門 - Gates of Eden - 5:40
  10. イッツ・オールライト・マ - It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding) - 7:29
  11. イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー - It's All Over Now, Baby Blue - 4:12

 

f:id:fk_aosan:20200724073027j:plain

f:id:fk_aosan:20200724073042j:plain

f:id:fk_aosan:20200724073056j:plain

f:id:fk_aosan:20200724073112j:plain

f:id:fk_aosan:20200724073127j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

幕開けの101枚目は偉大なアーティストを紹介します。

「ボブ ディラン」です。

聴いたことがなくても、名前ぐらいは知っているでしょう。

有名な逸話としては、2016年に歌手として初めてノーベル文学賞を受賞したことは記憶に新しい。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のソングライター」で第1位を獲得しています。

さて、本作は彼の発表した5枚目のスタジオアルバム。
ビルボード最高6位、全英チャート1位、プラチナディスク獲得と商業的な大成功を収めたアルバムですが、彼が初めてバンドを率いた転換期のアルバムで、従来のフォークファンからすると賛否両論をかもした問題作となりました。
しかし、このアルバムがフォーク・ロックの起点ともなりました。

 


Bob Dylan - Mr. Tambourine Man (Audio)

ディランがリリースした曲で初めてビルボードチャート1位を獲得したナンバー。
たぶん、この曲が聴きたくて買ったんだと思います。


Bob Dylan - Subterranean Homesick Blues (alternate music video) (Digital Video)

アルバム1曲目。
イントロはギター一本ですが、スタイルとしてはバンドでの構成をとっていますね。 
今聴くと十分ソフトですが、これでも当時はセンセーショナルな大事件であり、時代の転換点だったんですね。

 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村