GRIND & BEAR IT【IMPELLITTERI】

断捨離93枚目

GRIND & BEAR IT

IMPELLITTERI

発売日:1992/9/23

レーベル:VICTOR

 

1 When The Well Runs Dry
2 Ball And Chain
3 Wake Up Sally
4 Power Of Love
5 Under The Gun
6 Endless Nights
7 City's On Fire
8 Grin & Bear It
9 Dance

 

f:id:fk_aosan:20200723120513j:plain

f:id:fk_aosan:20200723120530j:plain

f:id:fk_aosan:20200723120546j:plain

f:id:fk_aosan:20200723120604j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

1987年、クリス・インテリペリとロブ・ロックが結成した「インテリペリ」の3枚目のスタジオアルバム。

良くも悪くも賛否両論を巻き起こした本作は、聴いてわかる通り、アメリカン商業ロックへのアプローチが強く感じられる。
これはこれでカッコいんだけれども、従来のファンからは失望の嵐だったと言います。

今聴くと、ふつーにカッコえぇんですけどね。
それにしてもクリス・インテリペリのギターはすさまじいですね。
イングヴェイと並んで評価されてたのもわかる気がしますね。


Impellitteri - Power of love

アルバム4曲目。
なんかホワイトスネイクチックでかっこいい。
ボーカルも曲にすごくマッチしている。
なんで評価低いかな。

 


Impellitteri - When The Well Runs

アルバム1曲目。
たしかに、ボンジョヴィのB面みたいな雰囲気ありますね。
ハンバーガー食べながらビール飲みたい。

  

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村