FAMOUS MONSTERS【MISFITS】

断捨離91枚目

FAMOUS MONSTERS

MISFITS

発売日:1999

レーベル:ROADRUNNER

 

1. "Kong at the Gates (Instrumental)" 1:22
2. "The Forbidden Zone" 2:23
3. "Lost in Space" 2:27
4. "Dust to Dust" (Misfits, Daniel Rey) 2:43
5. "Crawling Eye" 2:22
6. "Witch Hunt" 1:31
7. "Scream!" 2:33
8. "Saturday Night" 3:28
9. "Pumpkin Head" (Contains line of "Pumpkinhead", written by Ed Justin) 2:16
10. "Scarecrow Man" 3:10
11. "Die Monster Die" 2:00
12. "Living Hell" (Misfits, Rey) 2:54
13. "Descending Angel" (Misfits, Rey) 3:46
14. "Them" 2:43
15. "Fiend Club" 2:52
16. "Hunting Humans" (Misfits, Rey) 2:06
17. "Helena" 3:20
18. "Kong Unleashed (Instrumental)" 0:46

 

f:id:fk_aosan:20200723104302j:plain

f:id:fk_aosan:20200723104318j:plain

f:id:fk_aosan:20200723104332j:plain

f:id:fk_aosan:20200723104350j:plain

f:id:fk_aosan:20200723104405j:plain



こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

アメリカのハードコアパンクバンド「ミスフィッツ」です。

残念ながら、このアルバムにはグレン・ダンジグはいません。

ミスフィッツは現在も活動しており、そのメンバーにはグレン・ダンジグは入っています。ですので、ある意味黎明期時代の作品ともいえますね。

 

さて、ジャケットすごいですね。
これは1999年ですよ。もう2000年になる時代の変わり目に、全くぶれない。ある意味、素晴らしいですね。

どう見ても、80年代初期のB級ハードコアバンドですね。

現メンバーのジェリー・オンリーの髪型(笑)

それと調べていて気付いたんですが、現メンバーのドラムはあの「スレイヤー」のデイブ・ロンバードですね。知らなかった~。

グレン・ダンジグのボーカルに、デイブ・ロンバードのドラム・・・。
やべぇ、ちょっといいかも。

 


The Misfits - Famous Monsters - Kong At The Gates

アルバム1曲目のインストゥルメンタル
うねりのあるギターで壮大なイメージですね。
オオカミの鳴き声から2曲目にそのまま突入。

 


The Misfits - Famous Monsters - Dust To Dust

アルバム4曲目。
テンポの良い曲調、ボーカルは癖がなく聴きやすい。
ジャケ画のわりには、ストレートで分かりやすいですね。 

  

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村