The Velvet Underground & Nico【The Velvet Underground】

断捨離85枚目

The Velvet Underground & Nico

The Velvet Underground

発売日:1967/3/12

ディスク枚数: 1

レーベル:VERVE

 

  1. 「日曜の朝 (Sunday Morning)」 2:54
  2. 「僕は待ち人 (I'm Waiting for the Man)」 4:39
  3. 「宿命の女 (Femme Fatale)」 2:38
  4. 「毛皮のヴィーナス (Venus In Furs)」 5:12
  5. 「ラン・ラン・ラン (Run Run Run)」 4:22
  6. 「オール・トゥモロウズ・パーティーズ (All Tomorrow's Parties)」 6:00
  7. 「ヘロイン (Heroin)」 7:12
  8. 「もう一度彼女が行くところ (There She Goes Again)」 2:41
  9. 「ユア・ミラー (I'll Be Your Mirror)」 2:14
  10. 「黒い天使の死の歌 (The Black Angel's Death Song)」 3:11
  11. 「ヨーロピアン・サン (European Son)」 7:46

 

f:id:fk_aosan:20200718084716j:plain

f:id:fk_aosan:20200718084730j:plain

f:id:fk_aosan:20200718084751j:plain

f:id:fk_aosan:20200718084805j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

参りました~、歌詞カードがケースにへばりついて取れない(笑)

濡れちゃったのかな?

ジャケ画が汚くてすいませんm(__)m

 

さて、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドです。

この有名なジャケ画はアンディ・ウォーホルによるもの。

1967年に発表された本作は彼らのデビューアルバム。

当時は全く評価されることなく、のちのちに大きな評価を得ることになります。

また本作でプロデューサーも務めるウォーホルの依頼で、ニコが数曲歌っており、それがアルバムタイトルになっている。

なので、ニコはあくまでゲスト参加であり、このバンドのボーカルはルー・リードである。

 


The Velvet Underground, Nico - Sunday Morning

本作1曲目。ボーカルはルー・リードです。
タイトル通り、けだるい日曜の朝の唄って感じですね。

 


The Velvet Underground & Nico- I'm waiting for the man

アルバム2曲目、こちらもルー・リード

60’sロックって感じですね。抑揚のない歌い方にひたすら繰り返すリズム、音。

 


Velvet Underground-"Femme Fatale" from "Velvet Underground and Nico" LP

アルバム3曲目。ニコのラブバラードですね。ルー・リードがコーラスに入ってます。

 

とにかくウォーホルのジャケ画が有名で、このTシャツを着ている人も今でもちらほら見ますよね。
オサレグッズの一つです。

    

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村