SHADES of GOD【PARADISE LOST】

断捨離75枚目

SHADES of GOD

PARADISE LOST

発売日:1992

ディスク枚数: 1

レーベル:Music for Nations

 

  1. モータルズ・ウォッチ・ザ・デイ
    - Mortals Watch the Day – 5:11
  2. クライング・フォー・エターニティ
    - Crying for Eternity – 7:04
  3. エンブレイスト
    - Embraced – 4:29
  4. デイライト・トーン
    - Daylight Torn – 7:53
  5. ピティ・ザ・サッドネス
    - Pity the Sadness – 5:05
  6. ノー・フォーギヴネス
    - No Forgiveness – 7:36
  7. ユア・ハンド・イン・マイン
    - Your Hand in Mine – 7:08
  8. ザ・ワード・メイド・フレッシュ
    - The Word Made Flesh – 4:41
  9. アズ・アイ・ダイ
    - As I Die – 3:49
  10. レイプ・オブ・ヴァーチュー
    - Rape of Virtue – 4:48
  11. デス・ウォークス・ビハインド・ユー
    - Death Walks Behind You (Vincent Crane, John Du Cann) – 6:29
  12. エターナル(ライヴ)
    - Eternal (live) – 4:30

 

f:id:fk_aosan:20200705212338j:plain

f:id:fk_aosan:20200705212355j:plain

f:id:fk_aosan:20200705212408j:plain

f:id:fk_aosan:20200705212432j:plain

f:id:fk_aosan:20200705212939j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

こんどこそ、イギリスのドゥームメタルバンド、パラダイス・ロストです。

 

 これは全く違うバンドです(笑)

fk-aosan.hateblo.jp

 

いわゆるドゥームメタルの先駆的なバンドですね。

 

ひたすら暗く、陰鬱に、重苦しく、耽美的なメロディが続きます。

デス声とともに。

 

本作は3作目のスタジオアルバムで、MUSIC for Nationsに移籍後の第1弾となります。

バンドのリーダーにあたるグレッグ・マッキントッシュ(g)は「デス・ドゥームからゴシックに移行した時期の自信作」と言いますが、私には違いがわからんなぁ。このジャンルは奥深い。

 


Paradise Lost - Crying For Eternity (Shades of God)

アルバム2曲目。

このバンドを知るにはいい感じの一曲。

緩急、動静が非常にわかりやすい曲ですね。

ドゥームメタルは早くないんですよ。

落ち込んだ時に、さらに「俺ってダメだぁ!」となりたいときに聴くべき曲ですね。

  

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村