IN THE COURT OF THE CRIMSON KING【KING CRIMSON】

断捨離65枚目

purgatory afterglow

EDGE OF SANITY

邦題:「クリムゾン・キングの宮殿

発売日: 1969/10/10

ディスク枚数: 1

レーベル:EG

 

  1. 21世紀の精神異常者
    - "21st Century Schizoid Man (including "Mirrors")" - 7:24
  2. 風に語りて
    - "I Talk To The Wind" - 6:04
  3. エピタフ(墓碑銘)
    - "Epitaph (including "March for No Reason" and "Tomorrow and Tomorrow")" - 8:49
  4. ムーンチャイルド
    - "Moonchild (including "The Dream" and "The Illusion")" - 12:13
  5. クリムゾン・キングの宮殿
    - "The Court of the Crimson King (including "The Return of the Fire Witch" and "The Dance of the Puppets")" - 9:26

f:id:fk_aosan:20200627082810j:plain

f:id:fk_aosan:20200627082834j:plain

f:id:fk_aosan:20200627082942j:plain

f:id:fk_aosan:20200627082953j:plain

f:id:fk_aosan:20200627083017j:plain

f:id:fk_aosan:20200627083033j:plain

 

こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

大好きなアルバムですね。

キング・クリムゾン」のファーストアルバム。

wikiによると、

クリムゾン・キングの宮殿』(In The Court Of The Crimson King)は、1969年に発表されたキング・クリムゾンのファースト・アルバムプログレッシブ・ロックというジャンルを確立した記念碑的な作品で、その後のロック史にも多大な影響を与えた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

このアルバムの有名な逸話は、

ビートルズの「アビイ・ロード」がチャート1位を占拠し続けていたのを、

なんの宣伝広告を打たなかった本作が、

チャート1位の座を奪い去り、ビートルズを蹴落としたという話。

アビイ・ロード」ももちろん持っていますが、

本作も、一家に一台的なアルバムです。

 

曲数は5曲。「ムーン・チャイルド」が12分とプログレらしく長めですが、

他の曲は比較的にプログレとしては、短め。

 

1曲目の「21世紀の精神異常者」は、ネットで調べると、

「21世紀のスキッツォイド・マン」と表記が変えられています。

これは日本のレコ倫によって規制が入ったため。

その当時の文化を反映したものなのだから、

どうなんでしょうね。

 


King Crimson - 21st Century Schizoid Man

本作1曲目を飾るナンバー。

大好きですね。キングクリムゾンと言ったらこの曲です。

トヨタの車のCMでタイアップされていましたね。

 


King Crimson - Moonchild

本作で一番長い曲です。

哀しげな曲です。DVDを持っていますが「バッファロー’66」という映画で、

クリスティーナ・リッチがこの曲に合わせて踊ります。

バッファロー’66」の世界観もかなりいっちゃってるので、

こうゆうチョイスになるんでしょうね。

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村