purgatory afterglow【EDGE OF SANITY】

断捨離64枚目

purgatory afterglow

EDGE OF SANITY

発売日: 1994/10/1

ディスク枚数: 1

レーベル:Black Mark

 

1. "Twilight" 7:51
2. "Of Darksome Origin" Dan Swanö, Andreas Axelsson Swanö, Axelsson 5:02
3. "Blood-Coloured" Swanö, Axelsson 4:01
4. "Silent" 5:06
5. "Black Tears" 3:15
6. "Elegy" Swanö, Axelsson 3:57
7. "Velvet Dreams" Axelsson Axelsson, Swanö 7:11
8. "Enter Chaos" Axelsson Axelsson 2:24
9. "The Sinner And The Sadness" 3:07
10. "Song Of Sirens" Sami Nerberg, Axelsson Swanö, Axelsson, Nerberg 2:33
11. "Until Eternity Ends" (Japanese bonus track) 4:02
12. "Eternal Eclipse" (Japanese bonus track) 2:53

 

f:id:fk_aosan:20200627081711j:plain

f:id:fk_aosan:20200627081726j:plain

f:id:fk_aosan:20200627081741j:plain

f:id:fk_aosan:20200627081757j:plain

 

こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

あれ、1曲目フツーに歌ってるぞ?

ひっさびさのデスメタルだぁ!

 

スウェーデン出身のメロディックデスメタルの「エッジ・オブ・サニティ」です。

 

フツー声は最初だけですね(笑)

エッジ・オブ・サニティは1989年にマルチプレイヤーであるダン・スワノが、

自身の所有するスタジオを中心に結成。

1999年に解散。

そして2003年にダン・スワノ一人で再結成。

全てのパートを一人で担当し、スタジオアルバムをリリース。

同年に再び解散する。

 

音楽性は「メロディック・・・」と言われるだけあって、

かなりメロディアスでドラマチックな曲展開をします。

特にギターの旋律は憂いを帯びた、

私は聴き心地のよいメロディだなぁと思いますね。

ダンが語るには、70年代のプログレの影響を受けていて、

これをデスメタルと融合させているとのこと。

 


Edge of Sanity - Twilight

イントロは普通に歌ってます。

哀し気なイントロが終わると憂いを帯びたギター、

そして、デスボイス

 


Edge of Sanity - Of Darksome Origin

デスメタルとしては典型的な曲構成ですが、

前面に出てくる何とも言えないギターリフがいいですね。 

 

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村