Paradise Lost【CIRITH UNGOL】

断捨離59枚目買った記憶がないシリーズ②

Paradise Lost

CIRITH UNGOL

発売日: 1991/8/23

ディスク枚数: 1

レーベル:RESTLESS

 

  1. "Join the Legion" - 4:32
  2. "The Troll" (Joe Malatesta) - 3:50
  3. "Fire" (Arthur Brown, Vincent Crane, Mike Finesilver, Peter Ker) - 3:01 (Arthur Brown cover)
  4. "Heaven Help Us" (Robert L. Warrenburg) - 6:24
  5. "Before the Lash" - 4:39
  6. "Go It Alone" - 4:22
  7. "Chaos Rising" - 8:42
  8. "Fallen Idols" - 6:45
  9. "Paradise Lost" - 6:13

f:id:fk_aosan:20200620103914j:plain

f:id:fk_aosan:20200620103935j:plain

f:id:fk_aosan:20200620111147j:plain

f:id:fk_aosan:20200620111206j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

イギリスのドゥームメタルバンドのパラダイス・ロストじゃないですよ。

アメリカ出身、キリス・ウンゴルと言います。

 

いつ買った?

なぜ買った?

まったく覚えてない。

当時は目についたCDを片っ端から買ってたので、

覚えてないのもちらほら。

一度聴いて放置プレイも結構ありますね~。

そんな1枚かな。

 

そして、情報が全然出てこない。

知名度低いんだなぁ。

知っている方いたら、ぜひコメントくださいね。

それでも調べたもので解説していきます~。

 

ゲーム攻略wikiにこんなのを発見。

キリス・ウンゴル

キリス・ウンゴルはミドルアース:シャドウオブウォーやホビット指輪物語に登場する架空の地名。

シンダール語で「クモの裂け目」を意味するキリス・ウンゴルは、東ゴンドールとモルドールの西端を結ぶ道である。その中で最も目をひくのがキリス・ウンゴルの塔で、モルドールの侵略から守るためにゴンドールによって建てられたが、第三紀始めにゴンドールの力が弱まったことで放棄された。
道の下にはトレヒ・ウンゴルと呼ばれるシェロブの巣がある。そこには巨大なクモが住んでおり、モルドールの他の生物を餌にしながら、黒い巣の中心で良からぬことを企てている。

出典:キリス・ウンゴル | シャドウオブウォー 攻略Wiki | Fandom

・・・指輪物語だから、

要はファンタジーの世界の話ね、うんうん。よくわかった。

 

本作品は彼らの4作目。

う~ん、本当にアメリカのバンドなのか?

NWOBHMの雰囲気バリバリなんだが。 

そして一見期待されるファンタジー路線のジャケ画。

ジャケ画はスゲーカッコいい。

これも全く期待を裏切る音楽性。 

 


Cirith Ungol - Join the Legion (OFFICIAL)

アルバム1曲目のナンバー。

NWOBHM系だよね。 

 


Cirith Ungol – Go It Alone (2016 Remaster)

本作アルバムの中で、唯一明るめのナンバー。

なんだかアメリカンロックって感じがする。 

しかし、超絶カッコえぇジャケ画からは想像できない(笑) 

 

知名度が低く、全曲通してB級臭漂うマイナーなバンドです。

後学のために、ぜひ一聴!

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村