BEYOND ALL REASON【DESPAIR】

断捨離58枚目

BEYOND ALL REASON

DESPAIR

発売日: 1992

ディスク枚数: 1

レーベル:CENTURY MEDIA

 

1 Beyond Comprehension 2:32
2 Deaf And Blind 4:42
3 Imported Love 5:17
4 The Day Of Desperation 4:47
5 In The Deep 6:08
6 Rage In The Eyes 6:27
7 Burnt Out Souls 5:14
8 Son Of The Wild 4:24
9 Crossed In Sorrow 4:22

 

f:id:fk_aosan:20200620101025j:plain

f:id:fk_aosan:20200620101042j:plain

f:id:fk_aosan:20200620101056j:plain

f:id:fk_aosan:20200620101108j:plain

f:id:fk_aosan:20200620101122j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

日本での知名度はからきしなんですが、

かっこえぇんですわ、このバンド。

何度も聞き込みましたね。

バンド名を訳すと「絶望」。

 

ドイツ出身のスラッシュメタルバンド。

1986年に結成され3枚のスタジオアルバムをリリース。

1993年に解散している。

本作品は1992年にリリースした作品で、

事実上彼らのラストアルバム。

 

邦版もリリースされているのに、

知名度が低すぎるからか、

全然情報が出てきませんね。

完成度高いんだけどなぁ。

 

ドイツのスラッシュメタルだと、

ここではクリエイターを良く紹介していますが、

彼らと比べると帯にも書いてある通り、

バロック音楽との融合」というだけあり、

クラシカルな雰囲気で陰鬱さを良く表現しているように思えます。

fk-aosan.hateblo.jp

fk-aosan.hateblo.jp

クリエイターはそのうちにまたやりますよ。

 


Despair-Beyond Comprehension+Deaf and Blind

アルバム1曲目、2曲目ですね。

陰鬱で重厚なイントロで1分半以上引っ張ります。

そこからザクザクとギターリフがメロディを刻み、

2曲目「デフ・アンド・ブラインド」へ一気に突入します。

ジャーマン系独特の重ったい雰囲気がありますね。

 


Despair - Imported Love.wmv

この曲は1番好きですね。

思わせぶりなメロウなスタートから、

一転して激しいギターリフ。

ギターカッコえぇな。

 

ぜひ一聴!

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村