THE DARK SIDE【KING DIAMOND】

断捨離57枚目

THE DARK SIDE

KING DIAMOND

発売日: 1988

ディスク枚数: 1

レーベル:ROADRACER

  1. "Halloween" – 4:14 (previously released on Fatal Portrait)
  2. "Them" – 1:58 (instrumental track, previously released on Them)
  3. "No Presents for Christmas" – 4:21 (previously released as the A-side of No Presents for Christmas single; later as a bonus track on the 2007 remastered version of Fatal Portrait)
  4. "Shrine" – 4:23 (previously released as the b-side of The Family Ghost single; later as a bonus track on the 2007 remastered version of Abigail)
  5. "The Lake" – 4:13 (previously released as a b-side of Halloween single and as a bonus track on CD versions of Fatal Portrait)
  6. "Phone Call" – 1:38 (previously released on CD versions of Them)  

f:id:fk_aosan:20200620093917j:plain

f:id:fk_aosan:20200620093931j:plain

f:id:fk_aosan:20200620093945j:plain

f:id:fk_aosan:20200620094002j:plain


こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

今回はキング・ダイアモンドです。

いや好きだな、この雰囲気のバンドは~。

デーモン小暮閣下を彷彿させる突き抜けるようなハイトーンボーカルと、シャウト。

もちろんキング・ダイアモンドのほうが聖飢魔Ⅱより大先輩ですよ。

しかし、曲を聞けば聞くほど聖飢魔Ⅱ

間違いなく影響受けてるだろうと思いますね~。

 

キング・ダイアモンドは自らの名を冠したバンドであり、

ボーカルの名称。

1974年にマーシフル・フェイトを結成し、

1985年に自らの名を冠したキング・ダイアモンドを始動させる。

その後、マーシフル・フェイトを再結成したり、

キング・ダイアモンドを再始動したりとしながら現在に至る。

 

音楽性は聴けば聞くほどに、

聖飢魔Ⅱが好きな人ならハマれるスタイルです。

ボーカルのキング・ダイアモンドはジャケットを見てわかる通り、

閣下のようなメイクをしており、

世界観も悪魔的な、アンチキリスト的な、恐怖物語的な、

そんな内容ばかりです。

 

ひさびさに聴いたけど、かっこえぇなぁ。

 


No Presents For Christmas - King Diamond

コンセプトが笑える。

いいなぁ、こうゆうの本気でやってるとこ大好きだ。

笑い方、シャウトとか聞けば聞くほど、閣下だよね(笑)

 


King Diamond - Halloween

アルバム1曲目のナンバーです。

キングのハイトーンボーカルが冴える。

現在も活動中ということで、御年64歳(2020/6/20現在)とのこと!

応援したいですね。

  

ぜひ一聴!

 

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村