The Bleeding【CANNIBAL CORPSE】

断捨離51枚目

The Bleeding

CANNIBAL CORPSE

発売日: 1994/4/12

ディスク枚数: 1

レーベル:Metal Blade

 

1. "Hollywood" 5:08
2. "Salvation" 2:23
3. "When You're Gone" 4:56
4. "Free to Decide" 4:25
5. "War Child" 3:50
6. "Forever Yellow Skies" 4:09
7. "The Rebels" 3:20
8. "I Just Shot John Lennon" 2:41
9. "Electric Blue" 4:51
10. "I'm Still Remembering" 4:48
11. "Will You Remember?" 2:49
12. "Joe" 3:22
13. "Bosnia" 5:40

 

f:id:fk_aosan:20200615131321j:plain

f:id:fk_aosan:20200615131336j:plain

f:id:fk_aosan:20200615131350j:plain

f:id:fk_aosan:20200615131405j:plain

f:id:fk_aosan:20200615131420j:plain

f:id:fk_aosan:20200615131436j:plain



こんばんわ、あおさん(@aosan)です。

 

ようやく50枚を超えましたね。

棚の中はまだ1/4も片付いていないので、

まだまだ紹介できそうです。

 

さて、今回はデスメタルです。

カンニバル・コープスはアメリカフロリダ産の正統派のデスメタルです。

 

このバンドの困ったところは、

とにかくジャケットイラストがグロい!

今回ご紹介しているアルバムは全然あま~いです。

とにかく、死体、内臓、ぐちゃぐちゃ、バラバラ、

グログロげっちょんちょんです。

そんなのばっかです。

発禁多数。

 

さて、音楽的には特徴的なのは、

ボーカルのクリス・バーンズのデスボイスです。

これは必聴。

クリス・バーンズはこのアルバムを最後に脱退している。

同じ人間からよく、

ここからここまでの非人間的な声が出せるものかと感心します。

そしてケンカ強そうです。

 


Cannibal Corpse - Pulverized

クリス・バーンズのボーカルの見つかってよかったぁ。

ぜんぜん見つからなくて探しましたよ。

お聞きください!

  

今回の記事で面白かった!

このバンド知っとる!!

という方は、励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。

 また、にほんブログ村ランキングにも参加していますので、

クリックしていただけるとヤル気に拍車がかかります!

 PVアクセスランキング にほんブログ村