AMERICA'S LEAST WANTED【UGLY KID JOE】

断捨離の32枚目

AMERICA'S LEAST WANTED
UGLY KID JOE

邦題:悪ガキ白書2~立候補編+1

発売日: 1992

ディスク枚数: 1
レーベル:Mercury 

 

f:id:fk_aosan:20200524163511j:plain

f:id:fk_aosan:20200524163525j:plain

f:id:fk_aosan:20200524163540j:plain

f:id:fk_aosan:20200524163554j:plain

 
あおさん(@aosan)です。
UGLY KID JOEの1stフルアルバムにして、
絶頂期のアルバムです。
 
サウンドはプロデューサーに恵まれたせいか、
今聞いても遜色のない重厚な音。
 
聞いたことがない人でも、
モトリー・クルーやエクストリーム、ボン・ジョビあたりが
好きな人なら気持ちよく聞けると思う。
 
この前作のデビューミニアルバムに収録されている、
「Everything About you」が大ヒットし、
アメリカでは一躍有名に。
アメリカンドリームを地で行くように、
とんとん拍子に上り詰めていったバンドです。
 
なんと、デビュー2枚目のスタジオアルバムで、
ロブさま(Judas Priest)が参加されてます。
 
本作でも収録されている、
前作ミニアルバムの大ヒット曲。
この手のジャンルが好きな人なら、
一度は耳にしたことがあるかも。
グリーンデイにも近い、
カラっとした軽い明るいサウンド
 

ただ単純に明るいおバカサウンドか?

というと、実はそうでもなく、

奥深い愁いのある曲作りもできちゃったりします。

この曲なんかはちょっとボン・ジョビっぽいですね。