Tears Laid in Earth【the 3rd and the mortal】

断捨離の30枚目

Tears Laid in Earth
the 3rd and the mortal

発売日: 1994
ディスク枚数: 1
レーベル:Voices of Wonder

 

1 Vandring 1:40

2 Why so Lonely 5:14

3 Atupoema 4:41

4 Death-Hymn 8:24

5 Shaman 3:28

6 Trial of Past 5:14

7 Lengsel 2:06

8 Salva Me 4:38

9 09 Song 6:37

10 In Mist Shrouded 5:35

11 Oceana18:46

 

f:id:fk_aosan:20200522214715j:plain

f:id:fk_aosan:20200522214729j:plain

f:id:fk_aosan:20200522214742j:plain

f:id:fk_aosan:20200522214756j:plain

 
the 3rd and the mortalを知っていますか?

あおさん(@aosan)です。

 
これは彼らの1stアルバム。
 
部屋の棚をあさっていたところ、
「なんだこれ?こんなん持ってたかな?」
聞いてみると・・・。
「あぁ、そうかそうか~。」
と妙に納得。
 
ものすごく特異なバンドです。
ボーカルが男性デスボイスじゃない。
女性ボーカルで、しかも恐ろしく透き通る、
宗教音楽かケルト音楽でも聴いているかのような、
美しい歌声。
 
曲調はひたすら陰鬱で退廃的なサウンド
生きてるのが嫌になるような、
不気味で重苦しく、鬱なサウンドです(笑)
 
アルバムの1曲目を飾るナンバー。
すごいでしょ。
これヘヴィメタルバンドの曲ですよww
美しい女性ボーカルが、
奇妙さ、恐ろしさ、引き出して、
背中に重くのしかかってくるサウンド


The 3rd and the Mortal - Death Hymn

アルバム4曲目ですね。
アルバムは全体的にこの曲調が貴重ですね。
ミドルテンポで重苦しくリフを刻み、
ロディアスな旋律に、
美しいボーカル。
ちょっとプログレチックなところも・・・。
 
私は好きだなぁ。こうゆうの。 
 ジェファーソン・エアプレインの「ホワイト・ラビット」の雰囲気に
通じるものもありますね。