MASTER OF PUPPETS【METALLICA】

断捨離の26枚目

MASTER OF PUPPETS
METALLICA

邦題:「メタル・マスター」
 ※紹介しているのは輸入盤。

発売日: 1986/3/3
ディスク枚数: 1
レーベル:ELEKTRA

 

1 Battery (5:10)

2 Master of Puppets (8:38)

3 The Thing That Should Not Be  (6:32)

4 Welcome Home (Sanitarium) (6:28)

5 Disposable Heroes (8:14)

6 Leper Messiah  (5:38)

7 Orion (8:12)

8 Damage, Inc.  (5:08)

 

f:id:fk_aosan:20200520093246j:plain

f:id:fk_aosan:20200520093303j:plain

f:id:fk_aosan:20200520093318j:plain

f:id:fk_aosan:20200520093335j:plain

f:id:fk_aosan:20200520093347j:plain

 

断捨離27枚目は再びメタリカです。

もう何の説明もいらないですね。

初期メタリカでは一番完成度が高いんじゃないかな。

 

クリフ・バートン在籍最後のアルバムです。

この後に加入するジェイソン・ニューステッドが悪いわけではなく、

いいベーシストを亡くした・・・。

 

アルバム全体の緊張感、

全体に重くのしかかる重圧感に、

デビュー当時からのスラッシュ然とした疾走感。

そして、「...And justice for all」に続いていくと思われる、

大作志向的な曲作りもこのアルバムから顕著になります。

 


Metallica - Battery (HD)

アルバム一曲目、

暗く鬱なメロディから始まり、

一気に弾け疾走感あふれるナンバーに。

1曲目を飾るにふさわしい、頭をぶち抜かれる1曲。

 


Metallica - Damage, Inc. (Remastered)

アルバム最後の曲ですね。

カッコえぇ以外の言葉はないですね。

メタリカを聞きたいと言われれば、

数ある名作がありますが、

このアルバムからの導入を進めるかな。