IN CONCERT【JANIS JOPLIN】

断捨離の17枚目

IN CONCERT
JANIS JOPLIN

発売日: 1972
ディスク枚数: 1
レーベル:CBS Records

 

1. Down on Me
2. Bye Bye Baby
3. All Is Loneliness
4. Piece of My Heart
5. Road Block
6. Flower in the Sun
7. Summertime
8. Ego Rock
9. Half Moon
10. Kozmic Blues
11. Move Over
12. Try (Just a Little Bit Harder)
13. Get It While You Can
14. Ball and Chain

 

f:id:fk_aosan:20200509091256j:plain

f:id:fk_aosan:20200509091510j:plain

f:id:fk_aosan:20200509091527j:plain

f:id:fk_aosan:20200509091540j:plain

f:id:fk_aosan:20200509091555j:plain

 この人は伝説です。

享年27歳。

酒とドラッグと男と女に溺れ、最後はドラッグで命を落とした。

 

他の追随を許さない、

決してまねのできないハスキーボイスで、

圧倒的な迫力のあるブルース。

 

一度聴けば天才ってこういう人なんだとわかります。

国内だと比較的若い人でも

CMタイアップされてたので

「move over」は知ってるかもしれないですね。

 

今回の断捨離「ジャニス・ジョプリン イン・コンサート」は、

彼女の死後のに発表されたライブ盤。

数々のスタジオアルバムがあるが、

やはりジャニスはライブがいい。

実に楽しそうにステージをするし、

なにより魂を削り倒すかのように歌う彼女には

衝撃を受けると思う。 

 


Janis Joplin - Move Over (HQ) ♯1

これは若い人でも一度は聞いたことがあるんじゃないかな。

スタジオアルバム「パール」に収録されている。

これはバンドやってるときにカヴァーしましたよ。

いい曲だ。いやぁ色あせないな。

 


Janis Joplin Piece Of My Heart HQ

私の大好きな1曲。

こうゆうシンガーはもう出てこないだろうなぁ。

 


JANIS JOPLIN "Summertime" (Live -1969)

彼女の最大の名曲の1つ。

もう世界の遺産ですよ。

この音源は本アルバムの収録バージョンではないですが、

彼女の気迫がじりじりと伝わってくる。

鳥肌もんです。

こんな風に歌えるようになりたい・・・。