Lark's Tongues in Aspic【King Crimson】

断捨離の11枚目

Lark's Tongues in Aspic
King Crimson

邦題:「太陽と戦慄」

発売日: 1973/3/23
ディスク枚数: 1
レーベル:アイランド・レコード

 

1.太陽と戦慄 パートI - Larks' Tongues in Aspic, Part One (13:36) 

2.土曜日の本 - Book of Saturday (2:49) 

3.放浪者 - Exiles (7:40)

4.イージー・マネー - Easy Money (7:54)

5.トーキング・ドラム - The Talking Drum (7:26)

6.太陽と戦慄 パートII - Larks' Tongues in Aspic, Part Two (7:12)

 

f:id:fk_aosan:20200503095413j:plain

f:id:fk_aosan:20200503095428j:plain

f:id:fk_aosan:20200503095442j:plain

f:id:fk_aosan:20200503095455j:plain

 

 

キング・クリムゾン』の能力の中ではこの世の時間は消し飛び・・・・

そして全ての人間はこの時間の中で動いた足跡を覚えていないッ!

・・・ジョジョ第5部のボス「ディアボロ」のセリフ

 

荒木飛呂彦先生のキャラのネーミングと設定センスも抜群ですが、

こっちじゃないんですwww

はい、11枚目の断捨離は「キング・クリムゾン」です。

 

UK発の偉大なプログレバンド「キング・クリムゾン」の

ノリに乗っていた時期の5枚目のスタジオアルバム。

Wikiによると、原題の直訳は「雲雀の舌のゼリー寄せ」。

中国の古い宮廷料理の名前だそうです。

意味不明ですね。

ロバート・フリップ曰く「特に意味はない」そうですwww

 

ですのでなおさら邦題のネーミングセンスが秀逸ですね。

洋楽のアルバムには「邦題」を付けられることが多いのですが、

そのどれもこれもが「ダサイ」「合わない」ものが多い中、

これはホントに秀逸だなぁ。

 

キング・クリムゾンと言えば、

やはりファーストを思い出す人が多いと思いますが、

今回は「太陽と戦慄」です。

 

 キング・クリムゾンのアルバムでどれがいいと問われれば、

このアルバムになりますね。

全編を通してのテーマとなっている「静と動」。

そしてロックである枠組みからは決して外れない。

6曲の構成で46分間、常に支配し続ける緊張感。

一時期、キング・クリムゾンにはどっぷりとはまりました。

 


King Crimson - Larks' Tongues In Aspic Part I (OFFICIAL)

 

本当は「太陽と戦慄パート2」のほうを載せたかったんですが、

良い音源が見当たりませんでした。

しかし、このパート1のほうも緊張感が高い。

アルバムの1曲目で、

聞き始めてすぐにその世界観に引きずり込まれます。

全編インストルメンタルですが、

3:40まで引っ張ってからの爆発する展開は鳥肌もんです。