VIRGIN KILLER【SCORPIONS】

断捨離の8枚目

VIRGIN KILLER(超レア盤・閲覧注意)
SCORPIONS

邦題「狂熱の蠍団~ヴァージン・キラー」 

発売日: 1976
ディスク枚数: 1
レーベル:RCA

 

1.幻の肖像 - Pictured Life (3:21)

2.キャッチ・ユア・トレイン - Catch Your Train (3:32)

3.イン・ユア・パーク - In Your Park (3:39) 

4.バックステージ・クイーン - Backstage Queen (3:10) 

5.ヴァージン・キラー - Virgin Killer (3:41) 

6.ヘル・キャット - Hell Cat (2:54) 

7.クライング・デイズ - Crying Days (4:36) 

8.暗黒の極限 - Polar Nights (5:04) 

9.イエロー・レイヴン - Yellow Raven (4:58) 

 

f:id:fk_aosan:20200427211310j:plain

アメリカでは少女の裸体ジャケットが問題になり、

 下記の裏面ジャケットでの販売になった。

 日本では1995年まで上記のジャケットで販売。

 現在は手に入らない貴重な一枚。

f:id:fk_aosan:20200427211325j:plain

 

f:id:fk_aosan:20200427211344j:plain

f:id:fk_aosan:20200427211405j:plain

 

スコーピオンズのジャケットは物議をかもすものが多い。

もちろん狙ってやってるでしょうね。

数ある問題作の中でもこの「ヴァージン・キラー」は一番の問題作。

この紹介記事も大丈夫か心配ですwww

 

旧西ドイツ出身のスコーピオンズは、

1965年に結成され、世界的に成功収めたHM/HRバンド。

スコーピオンズのアルバムは何枚か持っていますが、

このアルバムが好きで出したのではなく、

ちょっと今じゃ手に入らないぞ、ということでのご紹介です。

だけど、もちろん捨て曲なしの名盤ですよ。

 

本作で4作目となるアルバムで、

哀愁を帯びた泣きのジャーマンメタルの匂いがし始めます。

やっぱりいいのは80年代に入ったぐらいあたりからの

スコーピオンズサウンド的に私は好きですね。

まだ「ヴァージン・キラー」のあたりだと

疾走感の強い若々しい曲が多くて、

スコーピオンズに求めるのはそこじゃないんだよねぇ、

って感じです。


Scorpions Crying Days

アルバム7曲目「クライング・デイズ」は、

この後のスコーピオンズサウンドの片りんを見せてくれます。

クラウス・マイネの透明感のあるボーカルに、

ルドルフ・シェンカーの泣きのギター。

ちょっと暗めの部屋でグラスを傾けながら、

紫煙をくゆらせて聞きたくなる曲ですね。

タバコはやめちゃったけどww

 

ちなみにご存じの方も多いかと思いますが、

ルドルフはフライングVの「神」マイケル・シェンカーのお兄様です。

スコーピオンズのアルバムにもちょくちょく参加してます。

 

今回は心配しながらの貴重な一枚のアップでした。